Member

COMMUNEのメンバーを紹介します。

  1. HOME
  2. メンバー
  3. 地域でのクラウドファンディング挑戦、まちづくりを応援します!

発起人
渡辺葉一

地域でのクラウドファンディング挑戦、まちづくりを応援します!

略歴
泉佐野市で商工会議所の経営指導員として企業支援や地域活性化事業企画⇨まちづくり企業のエリアマネージャーとして空き家再生⇨個人事業主(ヒトツナギ)として独立、地域の中小企業の広報、プロジェクト支援を行っている。

得する街のゼミナールさのまちゼミ発起人/古民家・町場再生プロジェクト「さの町場家守舎 まちばの芽」運営/ローカルメディア「TAKEOUTいずみさの」運営/コワーキング&シェアオフィスCOMMUNE運営など「自分の居場所づくり」をテーマに泉佐野市でコミュニティ形成・まちづくり活動中!
●CAMPFIRE公式パートナー
●中小企業119登録専門家(中小企業庁)
自己紹介
大阪市出身、和歌山や滋賀などを経て泉佐野に来ました。商工会やまちづくり企業で得たノウハウをもとに事業者や団体の広報のお手伝い、新しいプロジェクトの立ち上げ・運営支援を行なっています。古民家再生団体の運営、クラウドファンディングのキュレーター(サポートする人)としても活動しているので、地域でチャレンジをしたい方、まちづくりに関わりたい方はぜひご相談ください。

好きなもの
ポルカドットスティングレイ、椎名林檎、野球、山、海、将棋、夜景、夕日、ラーメン、寿司
苦手なもの
人ごみ、満員電車、早起き、長い会議、大きな音、掃除、ハチ(だいたいのやつに刺された)
座右の銘
「人間万事塞翁が馬 」「不易流行」
COMMUNEへの想い
よそから泉佐野に来て地域活性化の取り組みやまちづくりに関わる中で、地域の暮らしにおいてコミュニティ(団体やイベント組織など)の重要さを自分自身が実感し、その拠点をシェアできる場所をつくりたいと思いました。

また、関空の玄関口である泉佐野で仕事をするための(電源、wifi環境が揃った)場所がないことを地域が発展する上での大きな課題と捉え、同じく課題となっている空き家問題の両面を解消するコンテンツとしてここでつながり、COMMUNEがこれからの泉佐野の未来を考える上で大事な拠点となることを目指しています。